今から学ぼう葬儀費用と葬儀スタイル

意外とかかる葬儀費用

葬儀費用は200万円から300万円ほどかかると言われています。
これはもちろん葬儀の規模や葬儀の内容によっても異なるものです。
しかし、突然家族に不幸があって亡くなった場合にはすぐに数百万のお金が出て行くことが考えられます。

人によっては葬儀費用を残しているということもあります。
しかし、長引く不況からそのような蓄えができないことも増えており、突然に残された家族がお金の工面をすることになるケースは少なくありません。
残された家族に兄弟がいれば折半をして対応することもできます。
しかし、子供は自分自身の生活費のことを気にしながらも親の葬儀についても考えておく必要が出ており、葬儀の問題は深刻な問題となっているのです。

また、葬儀費用については葬儀社とのトラブルも起きています。
葬儀費用というのは商品を購入するのではなくサービス利用で支払うものです。
そのために価格設定が曖昧でトラブルとなることも増えています。

そこで、ここでは葬儀について事前に知っておくべきことややっておくと便利なことを紹介していきます。

生命保険を頼りにしない

人によっては、葬儀費用は生命保険に入っているから心配いらないということがあります。
自分が死亡したことで支払われる保険金が葬儀費用にできるということなのです。

ただし、これは注意が必要です。
まずは葬儀費用に充てたいと思ってもすぐに保険金が支払われないため、保険金の受け取りが葬儀費用に充てられないケースがあります。

手続きを終えて振込がされきちんと受け取れるまでには三週間かかると言われています。
それに対して葬儀は終わって一週間以内に支払いをしなければなりません。
そのため、一旦自分が建て替える必要があるのです。

もう一つ、保険金がいくらか確認することが必要です。
多くの人は保険に加入したことで安心してしまい、その細かな保険の内容を理解していないことも多くあります。
そうすると、記憶違いで受け取れる保険金額が誤っていて予定していた金額が受け取れないことがあるのです。

両親に受け取れる保険金を聞くことは気がひけるものです。
どうしても保険金目当てであるように見えてしまうため、親不孝に取られてしまいトラブルになることもあります。
ただ、万が一のことがあった時のために親の保険状況は確認して起き、それに応じて子供としてできる準備はして起きたいものです。

今注目される葬儀保険

葬儀のための費用に不安がある人の中で最近加入者が増えているものとして葬儀保険があります。
これは一般的な生命保険とは違って死亡した時に葬儀費用として支払われる保険です。
少額短期保険という名称で取り扱われることもあります。

メリットとして保険金が申請をしてから一週間以内に振り込まれるので本当に葬儀費用として使える点です。
ただし、加入にあたっては条件等もあるので事前に確認して入れるものを探す必要があります。