知らなきゃ損!助成金制度とは

日本にはたくさんの助成金制度がある

私たちは知らない助成金が沢山あります。
国や地方公共団体、会社内など実は色々なところで助成金制度は設けられているのです。
そしてこの制度を知らないと誰も利用を勧めてくれません。
つまり、制度を知らず申請をしなければ受け取れるはずの助成金を受け取れずに過ごしているということになるのです。

ここでは助成金として世の中にどのようなものがあるのか、そして助成金と混同されがちな補助金の違いとを紹介していきます。
是非助成金の知識を身につけて節約できるお金は積極的に節約していきましょう。

助成金と補助金の違い

助成金というのは国や公的機関といったところが企業に対して行う金銭での給付制度です。
個人に行われるものが有名ですが、給付金というのは企業に対しても支給されています。
似たようなもので奨励金と言われるものもありますが明確な区別はありません。
ただ、一般的に助成金と聞くと厚生労働省が所管する雇用分野への公的助成金制度のようなものが刺されることが多いです。

それに対して補助金というのは厚生労働省以外の団体で支給されるものを指します。
特に多いのが経済産業省所管のものです。
経済産業省所管のものは起業を応援したり革新的技術を導入したりということへの補助として支給されるものがあります。
助成金よりも事業規模も多く受け取れる金額も多いですがそのぶん審査は厳しく簡単に受給はできません。

助成金の種類

助成金というのは企業の活動資金として補助されることもありますが個人向けにも色々です。
例えば、不妊治療を受けたい人に高額な治療費の一部を補助するために支払われるものや、子育て支援の助成金といったものもあります。

他にも地域によって受け取ることができるものが変わってくるのも特徴です。
例えば過疎化が進む地域では子育て家庭を増やすために助成金の種類を増やして流入者を増やす心もが行われていることもあります。
そこで、自分の家庭にあった助成金が地域で行われているのか、そして近くの自治体で行われている助成金活動がどのようなものか知って置くことが重要です。

助成金はまだまだ活用されていない

国や地方公共団体は様々な人の色々なことを支援しようとあれこれ助成金制度を設けています。
しかし、まだまだ利用者が少ないのが現状です。

このように利用者が少ないの何故でしょうか。
まずは助成金制度自体を知らない人が大多数です。
残念ながら助成金の該当者であっても国や地方公共団体から助成金が受けられる胸の告知はありません。
そこで自分が該当者であるのかを常に知る機会を設けなければならないのです。

また手続き方法が複雑で煩雑、頻繁に仕組みが変わるという問題もあります。
しかし、受けられるものは受けて損はありません。
面倒でも積極的に調べる機会を設けてみましょう。