「ヨヤクスリ」は楽天ポイントが貯まる画期的なサービス

病院は待ち時間が長い

病院を受診すると様々なところで待たされます。
予約をしていたからといって時間通りに見てもらえるとは限りません。
診察の順番も待たされますし、会計も待たされますし、さらには調剤薬局でまで待つとなると終わる頃にはぐったりしているということがほとんどです。

診察については人によって内容が異なりますし、場合によっては検査があったり急患があったりとイレギュラーは仕方のないものです。
しかし、調剤薬局での処方箋についてはどうにかうまくスムーズに行えないかということは思います。
そのようなニーズに応えるサービスがヨヤクスリです。
ここではヨヤクスリの使用方法とメリットを紹介して行きます。

ヨヤクスリとは

ヨヤクスリというのは2014年にサービスが始まったものです。
スマートフォンの普及に合わせてそのサービスが浸透しています。
具体的な内容として、全国の調剤薬局の所在地検索ができ、事前に処方箋データを送ることで少しでも早く薬の受け取りができる仕組みです。

従来の処方箋受け付けは、処方箋を提出したら調剤薬局で薬の処方が終わるまで待機するものでした。
しかし、この待ち時間に買い物をしたり、子供を一度家に帰したりということができれば良いのにと思った人は多いことでしょう。
ヨヤクスリは処方箋データを送ることで早く準備をしてもらえるのはもちろんですが、薬の受け取り時間の予約もできます。
そのため、自分のスケジュールに応じて処方薬を受け取ることができるようになったのです。

特に小さな子供がいると、処方箋の待ち時間はぐずってしまうことも多くなります。
体調が悪い上に、一日中待たされて入れば致し方のないことです。
そこで、予約ができればそれまで車で待機をしたり、自宅に帰り家族に見てもらっている間に取りに行ったりと様々な動きがとれます。

会社員の人でもこのサービスは便利です。
仕事の旧祈時間の間に診察と処方箋だけ受け取っておき、仕事が終わってから薬を受け取るように予約もできます。
特に遅い時間まで空いている調剤薬局もヨヤクスリで検索ができますから、仕事を抜ける時間を最小限にすることができるのです。

ヨヤクスリの利用方法

まずはヨヤクスリのサイトにアクセスします。
そこで、薬の受け取りをしたい薬局を検索して予約を行うのですが、全てパソコンが支持してくれるのでそれに従って進めるだけです。

薬の処方箋はカメラで撮影してアップロードします。
ここでカメラ撮影した写真で薬を伝えるので、手入力では間違えそうな複雑な名前もミスなく送ることができるのです。

そのあとも患者名や受け取り希望日時を入力して予約完了となります。
家族分の処方箋を複数申し込みすることもでき、便利です。